English Page

事業内容

人工衛星など、宇宙システムを中心としたソフトウェアの企画提案・設計・開発をメインに、 国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう(JEM)」の実験運用支援や人工衛星の研究開発支援等 、宇宙開発や人工衛星に関わる様々なことに携わっています。

ソフトウェア開発

ソフトウェア開発業務は以下の3つを柱としています。

  1. 人工衛星観測計画立案
  2. 人工衛星軌道計算
  3. 電離層評価/解析
  1. 人工衛星観測計画立案ソフト開発業務

    人工衛星は複数のユーザから観測が要求されます。また、複数の観測機器を搭載している場合は一つの観測機器を使用することで他の観測機器を使用することができない場合(制約)があります。
    観測計画立案とは、多数の観測要求と観測機器等の制約等を整理して効率的に観測する計画を立案することを言います。
    宇宙システム開発では個々の人工衛星の観測目的に対応した観測計画立案ソフトの作成を得意としています。

  2. 人工衛星軌道計算ソフト開発業務

    人工衛星が観測要求に従って正確な位置を観測するためには人工衛星の軌道を正確に知っていることが必要です。
    そのためには人工衛星の軌道を計算する必要があります。軌道計算には様々な機能が必要で宇宙システム開発では軌道計算のために以下のライブラリを開発しました。

  3. 電離層評価/解析業務

    電離層とは地球大気の上空で電波を吸収したり反射したりする層です。人工衛星からの信号は必ず電離層を通過し、電離層によって信号は遅延します。
    電離層による人工衛星からの信号遅延はGPS衛星等の測位衛星からの信号を受信する場合に問題となるため、電離層の状態を評価/解析し補正することが必要です。
    宇宙システム開発では(有)笠井デザインオフィスの笠井晶二氏と一緒に電離層の評価/解析業務を行っております。

     
▲ページトップへ戻る

研究開発支援

研究開発支援業務は以下の2つを柱としています。

  1. 国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう(JEM)」の実験運用支援
  2. 衛星開発メーカーにて人工衛星の開発支援
  1. 国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう(JEM)」の実験運用支援

    JEM実験運用支援業務はJEMにて宇宙飛行士が行う実験の作業支援および実験に必要な手順書の作成等を行う業務です。
    宇宙飛行士が行う実験の作業支援は宇宙飛行士と交信しながら実験を支援します。
    手順書等の作成業務は実験を行うに際して、誰が何をどのタイミングでどのように行うか等の手順を明確に制定する業務で 軌道上での実験の成否は地上で作成される手順書にかかっていると言っても過言ではありません。

  2. 衛星開発メーカーにて人工衛星の開発支援

    人工衛星の開発支援業務は衛星開発メーカーにて実際に衛星の開発に携わります。宇宙に飛んで行く衛星を作り、要求通りの性能を満たすか試験します。

▲ページトップへ戻る

クリエイティブワーク

クリエイティブワーク業務は以下の2つを柱としています。

  1. グラフィックデザイン
  2. Webデザイン
  1. グラフィックデザイン

    会社案内、学校案内等の各種印刷物(名刺、A0パネル等も含む)のデザインから印刷まで一貫して承ります。

  2. Webデザイン

    アイデア抽出からサイト構築、運用まで貴社に最適なWebデザインをトータルで提案いたします。

▲ページトップへ戻る

宇宙人材紹介サービス「か・け・は・し」

宇宙業界への就職を願いつつもチャンスに恵まれなかった人材は驚くほど多くいます。そうした方々と宇宙関連の 企業様とが出会える機会を作りたいという目的で、宇宙システム開発株式会社は人材紹介事業を2008年にスタートしました。
優秀な技術者が1人でも多く宇宙業界に入るお手伝いすることにより、宇宙業界の発展に寄与したいと考えています。

▲ページトップへ戻る