WLSJファンミーティングvol.3参加報告

9/10(日)に東京カルチャーカルチャーで開催されたWLSJファンミーティングvol.3に参加しましたので、ご報告します。

WLSとは、月面をゴールとした世界最大の賞金レースGoogle Lunar X prizeに参加しているチーム、White Label Spaceの略称です。 そして、WLSJapanは、WLSの日本チームのことを指します。

 今回のファンミーティングは、WLSが現在作成している月面車、ローバーのプロトタイプが完成したことに伴い、催されたイベントです。 その為、本イベントのメインはローバーの紹介でした。

 まず、本イベントで紹介されたローバーについて紹介します。
 WLSのローバープロトタイプは、東北大学の吉田教授を中心とする東北大学宇宙ロボット研究室で作成されました。その概要は大きさ55×46×49cm3、重さ8kg(構成物質由来で実車より2kgほど軽量)で、分速10mで走行します。 そして、月のレゴリスでも走行を容易にする為、大直径20cmの車輪を装備し、打ち上げ機への搭載を容易にする為に、折込式の車輪が採用されています。 また、個人的に興味を惹かれたものとしては、追加装備の360°カメラと3次元マッピングを作成する為のレーザーレンジセンサです。プロトタイプには360°カメラの搭載のみが施されていました。 これらの追加装備は、ローバー以外への使い道も考えられ、今後の発展が楽しみです。


次に、本イベントの大まかな流れを報告します。
1. WLSJ代表 袴田氏のプレゼン
 →前回のファンミーティングとは違ったプレゼン内容で、Google Lunar X prizeが催されるまでの経緯が中心でした。
2. WLSJ経営戦略担当 中村氏のプレゼン
 →こちらもニューデザインのプレゼンでした。 新たに追加された情報としては、10月11日に開催されるエンジニアイベントをはじめとする様々なイベントが新たに考案されいるということです。 是非皆さんも参加してみてはどうでしょうか。
3. 東北大学宇宙ロボット研究室 吉田教授の経歴とローバー紹介
4. プロトタイプローバー操縦権剥奪クイズ大会

 今回のファンミーティングは、記者会見後1回目であった為、個人的に大人数の参加を想像していました。 しかし、実際の参加人数は約30人ほどで、以前に参加したファンミーティングとさほど変わらない人数でした。 このことから、記者会見の反響は余りなかったかのように思えたのですが、イベントの途中で、ニコニコ生動画を見ている人が2万人程度もいることを聞いて、多くの人に注目される活動になっていることを実感しました。

(報告者:扇拓矢)