宇宙博と千葉ビール園

  • 投稿日:
  • by

有人ロケット研究会と共催で宇宙博見学イベントと千葉ビール園での懇親会が2014年7月26日に開催されましたので報告します。

■宇宙博

入場して古典的SF、NASAの宇宙開発歴、日本の展示(JAXA)の流れで展示されていた。

過去に開催された宇宙博('79)を知らない自分としては、NASA宇宙開発時に使用されたものを初めて見る機会となり、レプリカであったとしても興味をもって見ることが出来た。

また、JAXA展示には「きぼう」実物大モデルがあり、いつも会社の全体会議でJEM運用業務従事者から聞いている各種ラックを見ることが出来、イメージを合わせるために見られた意味があったと思う。
他、「いぶき」、「はやぶさ」などの日本の人口衛星の実物大モデルも多数展示されており、ソフト屋としては衛星の大きさや細かな造り(材質なども)を見られたことも勉強となった。

ただ、全体として入場者数の少なさが気になり、淡々と並べられている展示が煮え切らないと感じられた。
真面目な展示物以外に、来場者が参加し操作ができるようなギミックがあれば、来場者が増えるのではないかと思われる。

こちら/の方が魅力的に感じられてしまうのが残念でなりません。

■千葉ビール園

宇宙博見学後、千葉ビール園で懇親会が行われた。
20140726.jpg
そこで、サッポロビールの工場脇の船橋港に停泊していた「しらせ」について気になりましたの調べました。

やはり先代の「しらせ」のようです。
現在は、ウェザーニューズ社が所有、同社の「SHIRASE」プロジェクトにより気象観測や小型衛星からの情報受信が行えるように改修され、船名も「しらせ」⇒「SHIRASE」に変更されているようです。

昨年(2013年)までは船内の見学が出来たようですが、残念ながら現在は、休止中だそうです。

[報告:桑原 弘志]